協会活動紹介

1. 協会が存在する場
東京太極拳協会は…
「武術太極拳」を意義とし活動の場とする団体です。

2. 団体としての使命
二つの使命をもっています
(1)武術太極拳の振興普及を図る「スポーツ振興」団体
(2)武術太極拳によって健康促進(健身)を図る「健康支援」団体

3. 推進する事業領域
三つの事業を推進しています。
(1)より正しく高度な武術太極拳を行うための「技術向上推進」事業
(2)技術向上を求めて武術太極拳の本場・中国と行う「日中交流推進」事業
(3)武術太極拳の普及を進める「普及展開推進」事業

4. 具体的活動分野
上記事業を具体化するために、協会は次の六つの活動をしています。
(1)技術向上を促す「中国派遣と招請」 (親善国民外交という側面もあります)
(2)武術太極拳の普及と向上、教室指導を担う「指導員育成」
(3)技術の高みを生む人材を育てる「選手育成」(競技参加など)
(4)交流と技術向上を進める「イベント実施」(交流会、講習会など)
(5)教室や愛好家に伝える「出版・広報」(技術出版物、会報など)
(6)練習や演武に備える「用具調達斡旋」(衣服・靴など着用品、演武品)

5. 地域教室と武術隊教室
協会は「武術太極拳の向上〜武術太極拳による健康」そして
「仲間や地域との交流」を共通目的とする教室の形成・展開を促しています。
地域教室=自主的集合体 武術隊教室=先端開発集団
—————————————————————————————
組織形態...NPO法人として運営
協会はNPO 法人を組織形態として運営しています。
事業年度を設け、定例総会を開催し、役員を選任し、事務局を置き、必要に応じ
作業分科会等を設置して活動しています。